Search

【京都】11/18「紅葉・みかの原撮影1回目」



(Photo 紅葉は木津川河川敷まできている。木津川と山田川の分岐付近)


京都府木津川市

加茂町みかの原

15度

W-0-5-10

 自宅を4時半に出発。フライトエリア着4時45分。日の出まで1時間半。撮影の準備を始める。狙いは地元みかの原の紅葉。日が昇り、30分がたつと突風が出る。これはダマシだ。それをやり過ごすとフライトエリアは無風状態に。とはいっても微風がある。その風に向かうようにパラグライダーを広げ、離陸する。この瞬間はつねにナーバスだ。パラグライダーは風が無くなるほどに離陸は難しい。たとえるならば、風の無いときに凧あげをやるとの同じだ。50キロの荷物を背負ってね。なので、わずかな微風でも、それにむかって走りたい。一度離陸を失敗すると、立て直すのに30分は経過する。その時間は霧や光を失うには十分な時間でもある。ちょっとツマラン話だが、離陸前の俺は別人なので、近寄らない方がいいってか(笑)

 飛び上がると、風の異変に気がつく。ベースは無風だが、上空は南。そして山陰からでると強烈な東をうけた。5~10m/s。高度を上げるほどに風はつよい。山肌に生える竹はグワングワンと揺れている。撮れるところで撮る作戦にシフトする。1時間12分のフライト。ちょろっと川沿いのローパスはしたが、あとは風を交わし高高度。紅葉は全く撮れなかった。依頼の写真もだめだ。完璧な気圧配置を選んだはずだったがこの結果。さて、どうしたものか。紅葉の盛りは早い。

 ここ数日は夏日のように暑い。秋の早朝は凍てつくほどに引き締まるのが本当だ。秋ならではの霞かと思ったら野焼きの煙だったり。地上での暮らしは洗濯日和で心地よいが、上空の大気はかなり混乱しているようだ。

 標高1500mの八甲田(青森)をヤルのもてこずったが、50mたらずの里山をやるのもまたしかり。これがモーターパラグライダーで飛ぶと言うことだ。て自分に言い聞かせているよ。みかの原はフライトエリアから東の方向にある。僅か10キロほどの地点。飛び上がると20分程度の場所だが、今日はそこへさえもたどり着けていない。気持ち入れ替えていきたい。

Have a nice day !!!



#多胡光純 #たごてるよし #たごちゃんねる #TAGOchannel #モーターパラグライダー空撮 #モーターパラグライダー


18 views
たごちゃんねる

Copyright © All Rights Reserved, Teruyoshi Tago.

  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
モーターパラグライダー空撮