【広報おおくら7】肘折上映会が記事に



広報おおくら7(テキスト)

大蔵村や月山の風景をモーターパラグライダーで撮影

「天空の旅へ誘う」上空からの映像を上映



6/20(日)肘折いでゆ館で空撮映像の上映会が開催され、31人が参加しました。主催した多胡光純さんはエンジン付きのパラグライダーで全国各地を撮影しており、肘折や棚田、月山などの映像に体験談を交えて上映しました。空から見た大蔵村に「地形を巧みに使った先人たちの知恵に暮らしを感じた」と多胡さん。庄内町から訪れた方は「見る機会のない風景を見ることができて楽しかった」と感想を話してくれました。



記事を作成して下さった八鍬むつ美さん

急遽決まった肘折の上映会。当日八鍬さんは出羽三山の羽黒山に登っていたところ、上映会場へ急行して下さった。嬉しい限りです。月山は夏に向かいまもなく山開き。そして周辺に暮らす人々はタケノコ採りなどですでに山に入り、初夏を楽しんでいた。


21回の閲覧0件のコメント

関連記事

すべて表示

【応援の声】多胡さんの生き方にもとても感銘を受けました(M.Sさん)

■7.31白浜上映会後のメッセージ 天空の旅人多胡さん 空から見た青森県の景色だけではく、空から(未知)の感動を伝えてくださりありがとうございます。 多胡さんの生き方にもとても感銘を受けました。 今は便利なものやYouTubeなど人と会わなくても、情報を得られる時代にもなりましたが、それはそれで素晴らしいことで、、 でもやはり、人が人と対面でコミュニケーションをとりながら感動を伝えていくってこれか