【応援の声】旅の原点を忘れない人(M.Kさん)

多胡さんが空を飛ぶようになったのは、アラスカの果てしなく平らな平地にいて、どこまで行っても、そこに暮らす人たちの様子が見えないと感じたから。高いところから旅している場所がどんなところなのか知りたい、と思ったそうです。

テレビとかスポンサーとか、そういう商業的なことではなく、モーターパラグライダーで空を飛び、見たものをその土地でその時の人と共有したいと、今の「やり方」にたどりつきました。

旅の原点を忘れない人、です。

4回の閲覧0件のコメント

関連記事

すべて表示