【緊急上映会・四万十川】at 道の駅「四万十とおわ」


【上映内容】

人は水に生かされている。今回の旅の舞台は日本一の清流四万十川。

2020年夏。四万十川の河口から源流まで2ヶ月にわたり空撮を行った。十和の鯉のぼり公園と中村の赤鉄橋を離発着場にし、モーターパラグライダーで飛んだ。飛行回数19回、飛行時間33.4時間。高度3000mから超低空の1mまで、生身の人間が自由自在に空を舞い、何を見て何を感じたのか。空撮映像をみながらワイワイしよう。応援グッズ「そら手ぬぐい」の販売してるよ!

(屋外です。防寒対策とマスク着用など感染症対策にご協力お願いします。)

【入場無料】

撮った映像は地域の宝、全部シェアします!

【講演者プロフィール】

多胡光純(たごてるよし)

モーターパラグライダー空撮 天空の旅人

1974年 京都在住 獨協大学卒

旅した大地を高台から望む旅をつづけ、2003年よりモーターパラグライダーにのり空の旅を開始。撮影テーマは「旅した大地を空から望む」。

NHKと三年にわたり収録した「天空の旅人 紅葉列島を飛ぶ(NHKアーカイブス収蔵)」をはじめ数々のドキュメンタリーTVや行政PR映像、CMの舞台で撮影協力。DVDに「天空の旅人シリーズ (NHK)」著書に「空と大地 (三洋化成工業株式会社) 」などがある。



現在、日本全国の空撮に挑み、収録した映像を現場からYoutubeで共有し、即興の上映会も行っている。座右の銘は「空撮映像を見た人の笑顔が見たい!」

★p.s★

2020年の四万十撮影時に世話になった仲間が、上映会の場所と周知の後押しをしてくれてます。ありがたいですよね、涙でますわ。地元の宝を思い切り上映しますわ! 是非、ご来場を!

69回の閲覧0件のコメント

関連記事

すべて表示